漢方緑川クリニック大阪 3つの特徴

オーダーメイドの煎じ薬

治療効果を最優先すべく、可能な限り上質な生薬を使い、一人一人に合わせて最適の物を最適の量だけ使った治療を提供しています。

煎じ薬のメリット

完全予約制

当クリニックは完全予約診療制です。ご予約はお電話でのみお受けします。※予約枠には限りがございます。

電話 24時間初診依頼

自費診療

健康保険は取り扱っておりません。すべて自費診療(月額目安:約4万円台~5万円台)となります。クレジットカード決済が可能です。

西洋医学の臨床経験と中国上海で習得した
現代中医学という療法の土台から、
それぞれの得意分野をふまえた治療プランをご提案しております。

当院は漢方診療を専門とする医療機関です。
健康維持を目的とされる方から、アトピー性皮膚炎
蕁麻疹(じんましん)など皮膚科疾患、不妊症・生理不順など
婦人科疾患、各種慢性疾患・難病、冷え性・頭痛・肩こり
腰痛まで、さまざまなお悩みの患者様の診療を行っております。

院長 緑川 沢樹

主な診療疾患 疾患一覧へ

丈夫な体質が綺麗な肌をつくる
アトピー治療

虚弱体質だと丈夫で弾力のある皮膚を再生する力が弱く、炎症や掻き破りのダメージからの回復が遅れがち。綺麗な肌を自給自足できる体質へ改善する漢方治療が必要です。

詳しくはこちら

「腎」の強化でもう一歩先へ
不妊治療

先端医療としての不妊治療は日々進化しています。異常なしのはずがいつもあと一歩・・・。実は体質的な偏り滞り、虚弱な部分があるのかも。体質の土台「腎」から底上げする漢方治療で、その「一歩」を応援します。

詳しくはこちら

揺れて乱れて安定しない
自律神経失調症の治療

「異常なし」といわれても、それでもやっぱりつらい。その症状、本来は円滑なはずの体調コントロールが、検査で見えない原因に乱されているのでは。体質改善で強く安定した体調につながる漢方治療。

詳しくはこちら

漢方は支持療法 サポートだけじゃなくて
がん治療

新しい負担の軽くなった手術・抗がん剤・放射線療法でも、合併症が出たり、食欲減退や貧血で治療を中断することも。漢方薬のサポートで副作用軽減と、治療後の再発対策にも体質改善でお力お貸しいたします。

詳しくはこちら

痛む膿疱・・・皮膚だけの病気?
掌蹠膿疱症の治療

手足に限定した症状でも、暮らしていくにはとても不便。飲み薬でも塗り薬でも解決できず・・・。体質的にみると、免疫力がうまく抑えきれなくなった炎症からの影響や、栄養素の吸収利用不良の可能性が。

詳しくはこちら

「虚」でふらつく?「実」で回る?
めまいの治療

眩暈外来での治療が長引く方は体質の面からの対策がおすすめ。流れを乱す「実邪」を解消するのか、体力の不足「虚証」を強化するのか。症状の傾向と、体質のパターン、治療の方向性を解説します。

詳しくはこちら

アレルギーだけ・・・じゃない
蕁麻疹の治療

慢性蕁麻疹には環境や体調によるものも多いのです。ステロイド剤などで対症療法を長期間継続することになっている方には、見えない体質という原因にアプローチする漢方治療をおすすめします。

詳しくはこちら

胸やけ・食欲不振・吐き気
慢性胃炎・胃腸虚弱

中医学では病気の原因が体力にダメージを与える「実邪」である状態を「実証」としています。したがって体質は虚弱だし、働きを邪魔されるしという「虚証」でも「実証」でもあるケース「虚実錯雑」も存在します。
「脾胃」の虚弱さはともかくとして、悪影響をもたらす外的内的な要因を解決することが治療のメインになります。

詳しくはこちら

月経前のむくみや頭痛
月経前症候群(PMS)

生まれ持った生命力や生殖機能などを含む「腎」を補う治療や、体のバランスをとる自律神経や内分泌の働き「肝」の安定度改善なども含めた「標本同治」(体質の表面的な改善と根本的な改善の治療を同時に行うこと)が必要な方は、オーダーメイドの漢方治療を一度ご検討いただければと思います。

詳しくはこちら

女性ホルモンが減ると“自律神経”も乱れる
更年期障害

女性ホルモンが減る40代から50代。
実は素直に減らずにホルモン値が上下して乱れると、自律神経失調症につながることも。
漢方が補う整える治療を。

詳しくはこちら

「聞こえる」理由は「聞こえにくさ」?
耳鳴りの治療

疲れたときだけだったのが、いつの間にか慢性耳鳴りになっていることも。耳鳴りの強さやつらさは、ひとりひとりの感じ方で変わります。
でも時には、気づかないうちに進んだ聴力低下が隠れていることも。
耳鳴りの主な原因と漢方での体質改善の方法をお伝えします。

詳しくはこちら

診療時間

診療時間
10:00-18:00

☆:10:00-13:00

待ち時間短縮と診療時間確保のため、
当院は完全予約診療制となっています。
【休診日】: 木曜日・祝日
【診療科目】: 漢方内科 / 漢方アレルギー科 / 東洋医学科

診療時間・アクセスへ

院内紹介

院内紹介へ

Facebook