長引くCOVID流行

ウイルス株の変異を繰り返しながら流行が長引く新型コロナ感染症のため、ウイルス感染症が治癒したのちも続く後遺症にお悩みの方が増えています。
新薬で治療方法の研究は日々進んでおり、一日も早く確立されることが待たれます。それでも今の瞬間も後遺症に苦しみ続けておられる患者様に向けて、さまざまな病状のもとになる体質を改善するオーダーメイドの漢方治療が重要な役割を果たせるのではと考えています。

「弱り」の症状は「虚証」体質

慢性的な倦怠感や食欲不振・味覚障害などの背景には、消化吸収などの働き「脾胃(ひい)」のエネルギー不足「気虚」体質の可能性があります。全身の炎症により大きく体力を消耗するCOVIDの結果を生じたと考えられます。治療には補中益気湯のような「補気薬」を用います。
慢性の咳や息切れ・動悸の症状には「肺陰虚(はいいんきょ)」や「心血虚(しんけっきょ)」などのまた別の特徴をもつ「虚証」との合併も考えていて、潤いや栄養を補う「補陰薬」の麦門冬湯や「補血薬」の四物湯を組み合わせます。

体のコントロールを乱す「実邪」が症状のバリエーションを増やしている

味覚・嗅覚障害の背景には慢性的な炎症から生じた「熱邪」が「気」の流れを邪魔している「鬱熱(うつねつ)」体質がある可能性があります。「気」の流れが悪くなると頭痛やめまいを感じることもあります。流れを整える加味逍遙散などの「理気薬」を使います。
筋肉痛や関節痛では、筋肉の栄養にもなる「血(けつ)」の巡りが悪化し老廃物になってこびりついてしまった状態「瘀血(おけつ)」や、水分が停滞して老廃物になった「湿濁(しつだく)」が原因かもしれません。「瘀血」を掃除する桂枝茯苓丸などの「活血薬」や、「湿」を処理する防己黄耆湯などが必要です。

「虚証」と「実邪」が絡み合った「虚実錯雑」体質だと後遺症が長引く

例に挙げた以外にも、多彩な症状につながる「虚証」「実邪」が隠れている可能性を想定して治療にあたる必要があります。流れを邪魔する「実邪」が複数絡み合っていたため、自然の経過では症状が緩和せず、長期間後遺症が続いてしまったケースがよく見られます。加えて、ほどけにくい「実邪」の存在が、慢性的に体力に負担をかけ続け「虚証」がさらに悪化していくという悪循環につながることも。

複雑な体質の改善とオーダーメイドの煎じ薬

「実邪」を取り除くには同時に「虚証」への対策が必要だったり、「虚証」がベースにあるから「実邪」が焦げ付いしまっていたり。複数の問題点が絡み合っている方では、根本的な体質の補強や複雑な「実邪」をほどきながら取り除く治療が必要となります。患者様お一人お一人に合わせて内容を調整できるオーダーメイドの生薬せんじ薬を一度ご検討ください。