主な診療疾患

病名に対応した定型の治療をするのではなく、もともとの体質とリアルタイムの体調の変化をとらえることで、多様な疾患に対応可能です。