院長紹介

漢方緑川クリニックでは、漢方薬はもちろん、同時に併用する西洋医学の治療薬も含めた、治療全体をふまえた治療計画をひとりひとりの患者さんに提供していきたいと考えています。
病気の診断・治療のすべてのプロセスについて、詳しい説明を実施します。
「飲んだこともないけど、漢方についていろいろ知りたい。」 「今の体の不調は漢方の考え方ではどう評価されるの。」 漢方の入り口に立たれた方は皆さん、最初は不安と期待をお持ちだとは思いますが、是非この機会に、新しい医学である現代中医学を記憶に留めていただきたく存じます。
院長 緑川 沢樹

経歴

平成10年 奈良県立医科大学卒業 同大学付属病院勤務
平成10年~平成11年 松原市立病院内科勤務
平成12年~平成14年 国立西奈良病院(現:奈良医療センター)内科勤務
平成14年~平成15年 中華人民共和国 国立 上海中医薬大学留学
平成15年 木津川厚生会 加賀屋病院勤務(東洋医学外来)
平成15年12月1日 漢方緑川クリニック開院