自律神経失調症と漢方薬について

「自律神経失調症です。」と医師に言われたものの、結局何が体調不良の原因なのか理解できないまま通院を止めてしまったり、精神疾患なのかと悩んでしまって落ち込んだり。そういった患者様はとてもたくさんおられます。
でも心配しないでください。
この病名の定義にはいろいろな考え方がありますが、広い意味での自律神経失調症には、内分泌疾患・精神疾患・歯科や骨格の問題など、さまざまな背景があるものも含まれます。こころの症状がメインの不安神経症とともに、病状もいろいろ多様です。
原疾患をお持ちの患者様は、その治療が最優先です。専門的な検査と投薬・あるいはカウンセリングなど。

それでも症状の改善が思うようにいかない場合、漢方薬での体質の面からの治療が助けになる可能性があります。

中医学の基本

当院では漢方薬による体質強化・バランス改善を専門的に行います。専門的な治療やカウンセリングと並行して漢方薬の治療をすすめることもあります。
中医学で患者様のご病状を評価する場合、西洋医学的な診断病名や検査結果などは参考にはなりますが、それだけで治療の方向性を決定する十分な情報にはなりません。ご自身の自覚症状、実際に拝見して分かる診察所見などから、体質の状態を判断して、弱い部分があれば強化し、アンバランスな部分があれば修正するように漢方薬を配合していく方法をとります。
非常に多様な症状が現れる自律神経失調症であっても、体質の問題の本質をとらえることができれば治療を進められる可能性があります。

中医学での治療

ここでは中医学の基本的な考え方と治療の方向性について簡単にご紹介いたします。カッコ内は中医学の用語ですので、文字通りの意味とは少し異なります。

1,体質が虚弱なために不安定な方

治療は弱い部分を補強するための「補う」治療が必要です。からだの土台である「腎」を補う「補腎薬」や、栄養の消化吸収代謝の働きである「脾」を補う「健脾補気薬」などを用います。元気な人でも体力が消耗すると不安定な体調になっていろいろな症状がでる場合があり、仕組みが似ています。自覚症状として体質の弱さを自覚されていない方でも、実はこういった治療が有効であることがあります。

2,からだのコントロールそのものが不安定な方

からだのコントロールをする働きである「肝」が弱く、すぐにバランスを崩す状態です。「肝」の働きを活発にする「疏肝理気薬」や抑えを利かせる「降気薬」などをバランスよく使用します。「血」を補う「補血薬」を「肝」の潤滑剤として使うこともあります。

3,老廃物や「滞り」が邪魔して不調な方

中医学ではからだの中のエネルギーや栄養の「めぐり」が重視されます。「水分の滞り」や「古い血」などがその流れを邪魔することでもさまざまな不調を引き起こします。これらを掃除するための「化痰利水薬」や「活血薬」などが用いられます。

体質の問題点は、このほかにもいろいろなバリエーションがあり、また複数の要素が絡み合っていることが多く、一筋縄ではいきません。それでも絡まってしまった体質の糸を漢方薬が根気よくほぐしてくれることで、治療の糸口が見えてきます。丈夫で安定度の増した体質というゴールを目指して治療を進めるようにしております。