診療科目

漢方内科・漢方アレルギー科
各種健康保険は取り扱っていません。
すべて自費診療となります。

生薬煎じ漢方薬による治療のみを行っています。

診療費用

初診時:初診料 5,000円 + 薬剤費(実費)
再診時:再診料 1,000円 + 薬剤費(実費)

※診療費用の目安は月に4万円台~6万円台です。ご病状により必要な生薬漢方薬の内容が異なります。医療費控除の対象になります。

電話

電話

待ち時間短縮と診療時間確保のため、当院は完全予約診療制となっています。必ず事前にお電話でご予約をお取りください。お電話は診療時間内にお願いします。
※予約状況により、新規の患者様にはキャンセル待ちをお願いする場合もあります。あしからずご了承下さい。

診療時間

診療時間
10:00-12:30
15:00-17:00

待ち時間短縮と診療時間確保のため、
 当院は完全予約診療制となっています。
初診ご希望でお待ちの方もおられますので、
 予約変更の方はできるだけお早めのご連絡をお願いいたします。
木曜日・日曜日・祝祭日は休診です。
その他、出張などでの臨時休診がございます
【休診日】: 木曜日・日曜日・祝日
【診療科目】 : 内科 / アレルギー科
        漢方内科 / 東洋医学科

アクセス

ロゴ

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目3-1-200
大阪駅前第1ビル2階
大阪駅・梅田駅駅近徒歩5~10分です。

電車でお越しの方へ

地下鉄梅田駅・JR大阪駅・阪急梅田駅から徒歩5~10分程度。
地下鉄西梅田駅・JR北新地駅からは徒歩5分以内。

新幹線でお越しの方へ

新大阪駅でJR東海道本線にお乗換えの上、大阪駅まで一駅。

飛行機でお越しの方へ

大阪駅前方面行きの空港バスが出ています。伊丹空港から約30分、関西空港から約50分です。
またどちらからも鉄道やモノレールを乗り継いでお越しになることも出来ますが、所要時間はバスよりも多少かかるようです。

お車でお越しの方へ

当ビルは国道2号線と四ツ橋筋の角に位置しています。
高速道路は阪神高速の梅田出口・出入橋出口が最寄りとなります。
近隣に有料駐車場があります。尚、当院では駐車サービス券等の発行はしていません。
また大阪駅前駐車場の西側の入り口から入ると、当ビル自身の地下駐車場(有料)へもはいれます。


大きな地図で見る

地上からですと、マルビルの南隣りです。 地下からはディアモールなどの地下街の案内板をごらんください。 ご近所までお越しになられて道順がわかりにくい場合は、道案内をさせていただきますので、ご遠慮なくお電話でお問い合わせください。

診察の流れ

漢方薬を処方する場合、西洋医学的な診察手順と一部違う点があります。 ここでは一般的な診察手順と、受診される際に注意していただきたいことを説明いたします。

「望診」 (ぼうしん)

患者さんが診察室に入ってこられる瞬間からの立ち居振る舞いに始まり、顔色・目の輝き・舌の色や艶・病気によっては皮膚の状態など、視覚的な情報を中心としたものです。

※注意:診察前に舌に着色するものを飲食すると舌の色という大切な情報が得られなくなります。受診される日は色の濃いものなどは控え、舌苔をとることも避けてください。

「問診」 (もんしん)

これは西洋医学でも重要です。病気のことは患者さんご自身が一番敏感に感じておられるものですから、自覚される症状をしっかりお聞きするのは重要な診察内容です。しかし全身的な情報をもとにバランスを考えて処方するという漢方の特色から、時には一見するとメインの訴えとはまったく違うような体の調子についてもお伺いすることもあります。初診のときはこの部分に特に多くの時間をとることになります。

「聞診」 (ぶんしん)

これも患者さんと直接お会いして初めて得られる診察情報です。具体的には声の調子やにおいなど視覚以外の感覚で得られるものです。

「切診」 (せっしん)

患者さんに直接触れてえられる情報をさします。脈診や腹診などが中心です。

※注意:脈は両手の手首の部分で取ります。腹診はへその周囲からみぞおちあたりまでの範囲を診察します。手首や腹部が出しやすい服装でお越しください。

中医学に基づいて診断する場合でも、それまでのご病気の経過や西洋医学的な検査結果なども重要なヒントとなることが少なくありません。お手元にこれまでの検査・治療の経過がわかる資料がございましたらそれもお持ちいただければと思います。