原因は諸説あり

生理の数日前からみられる不快感で生理が来ると症状が緩和します。生理が来て黄体ホルモンが減少タイミングで解消することから、原因はホルモンの急激な変化であるという説もありますが、はっきりと特定はされていません。専門の医師に受診する際には、基礎体温の変化の記録をつけていると、排卵のタイミングなどホルモンの変化についての参考情報になります。

治療とセルフケア

症状が様々ですので、むくみには利尿薬、頭痛に鎮痛剤といった症状を緩和する薬を用いる対症療法が基本です。体の症状以外にも心の不安定な状態がメインになる場合もあり、程度次第ではSSRIという抗うつ剤の一種が用いられます。対症療法では追い付かない場合など、ホルモンの量の調整のために低用量ピルという治療薬もあります。 その他にも、生活習慣や運動不足の改善もホルモンのバランスを整えるためには有効で、実際に症状を緩和する効果があります。日常的に知らないうちに疲労やストレスをためがちな方は多く、セルフケアも重要な治療の一部です。

漢方治療の「標治」と「本治」

婦人科の医師の中にも漢方薬を併用することに積極的な先生が結構多い印象を持っています。症状として見えている異常を対象とした漢方治療「標治」のための薬として、「水」が停滞した老廃物の「水滞」をさばく五苓散や、「血」由来の粘っこい老廃物「瘀血(おけつ)」を掃除する「桂枝茯苓丸」「桃核承気湯」、ストレスからの自律神経の乱れなどを意味する「気滞」を流す「加味逍遙散」などが代表的です。  こういった邪魔者や老廃物などのトラブル対策以外に、そもそも栄養やエネルギーを産生する能力の力不足を改善するためのより深い部分での体質改善「本治」も選択肢に入ってくる点が、漢方治療の得意分野と言えます。不足している「血」を補い体を温めてくれる「当帰芍薬散」や、虚弱な消化吸収機能を補強する「補中益気湯」などを用います。一見同じように見える患者様でも、実は弱い要素の種類や、老廃物の絡み合い具合などが異なると、用いるべき漢方薬が変わってきますので、必ず専門的な知識のある医師に処方を受けましょう。

生薬煎じ薬が必要な場合

低用量ピルはみなさんのイメージよりはるかに安全で効果的な治療薬です。しかしどの薬剤でも得意不得意はありますので、残念ながら類似の薬もトライしてもやはり継続的に服薬できないという方もおられます。また、対症療法の効果が十分に出ない場合や、あまりに虚弱体質なためにわずかな環境的体力的負担でも体調の乱れが抑えきれない場合などもあります。こういった場合には、より根本的な部分まで掘り下げた体質強化の治療や、切れの良い体質調整のために生薬煎じ薬が必要となることもあります。西洋医学の治療が効果はあるものの、治療がかなり長期間にわたっている場合には、それと並行して体質改善を行うこともあります。

生まれ持った生命力や生殖機能などを含む「腎」を補う治療や、体のバランスをとる自律神経や内分泌の働き「肝」の安定度改善なども含めた「標本同治」(体質の表面的な改善と根本的な改善の治療を同時に行うこと)が必要な方は、オーダーメイドの漢方治療を一度ご検討いただければと思います。