アトピーと漢方薬について

漢方薬でアトピーを「治す」方法と、皮膚科の治療指針とを比べると、それぞれに有利な点があるため、役割分担をして協力して治療を行うことができます。
おおまかに各種治療法の特徴をご説明いたします。

1,ステロイドなどの免疫抑制剤での「症状を抑え込む」治療

直接炎症を抑制するため即効性が期待できます。体質が丈夫な方であれば、必要な用量をしっかりと投薬することで、早期にステロイドの減量や中止も期待できます。一方で根の深い虚弱体質の方では、ステロイドの用量の割に効果が出にくかったり、減量しようとすると症状が悪化するので仕方なく長期間にわたって投与することになることがよくあります。そういう時は漢方薬と併用しつつ、体質強化が進むのに合わせて徐々に減量するという方法もあります。どうしても体に合わず投与できない方には難しいですが、副作用というデメリットと、症状を抑制して体力のロスを減らすというメリットのバランスを見ながら、便利なツールとして活用するのが理想です。

2,一般の漢方薬や健康食品での「とりあえず体力を補う」治療

表面的な対症療法と根本的な体質強化の中間にあたる治療法です。体力や栄養を補い、ある程度の症状軽減の効果も期待できるため、根が浅い目の虚弱体質の方には十分効果的です。しかし根本的な体質改善が必要な方では、服薬期間中は体調が改善できていても、休薬するとまた徐々に症状が戻ってしまうことがあります。専門の医師の診察を受けて体質の状態をきちんと把握したうえで適切に服薬しましょう。

3,本格的な煎じ薬による漢方治療

煎じるための時間や手間がかかること、生薬の内容によっては相応の費用がかかることなどデメリットはありますが、病気の経過が長期間だったり、年々体質の不安定度が増しているような状態の方には、根本的な体質改善のための治療法として意義があります。ご自身でエネルギーや栄養を再生産できる力や、老廃物や体質の偏りを解消できる力を獲得して、漢方を卒業できるように治療することを目標にしています。

漢方治療のしくみ

アトピー性皮膚炎の漢方薬治療

ここではアトピー性皮膚炎に対する中医学的な考え方と治療について解説いたします。難しくなりすぎないように、専門用語は添え書き程度の最低限に抑えて、大雑把で簡単な表現とさせていただきます。(以下印は中医学の用語です)、アトピー性皮膚炎はあくまでも皮膚の症状に基づく病気ですが、体質の面からみるとその本質は体の表面だけのものではありません。したがって、常に表面の問題(標証)とより深い部分の体質的な問題(本証)の両方を視野に入れながら治療を行います。

よくみられる標証にもいろいろあります。
皮膚から浸出液が分泌される状態(※湿)、
皮膚が油分や潤いを失ってカサカサになった状態(※燥)、
皮膚が赤くなって痛み痒みを生じている状態(※熱)、などです。

皮膚の状態からはかなり多くの診察情報を得ることができますので、いつからどんな風な症状が出ているのかを詳しく伺い、皮膚の弾力・乾燥具合や傷口の状態などを観察します。 体質的に湿を生じる原因としては、水分の代謝が悪くなってたまり老廃物になった状態(痰飲)や水分などのめぐりが悪い状態(気滞)などが考えられます。さらになぜ水分の代謝が悪くなるのかを掘り下げて考えると、気候の影響(湿邪)・水分代謝の機能低下(脾虚)など皮膚の局所的な問題以外の原因が見えてくることもあります。それぞれに対応した治療薬として、湿邪には湿気をとばして乾燥させる薬(燥湿薬)、脾虚には内臓を働かせる力を補う薬(補気薬)などを互いの薬効を高めあうように合わせて用います。

実際には上記以外の標証のパターンもたくさんあり、根本的な体質の問題(本証)はさらに多様で複雑なので、同じアトピー性皮膚炎の病名の方でも、いろいろな症状といろいろな体質的な原因をお持ちの方がおられることになり、必要な治療内容も千差万別となります。実際、これまでにたくさんのアトピー性皮膚炎の患者様を治療させていただきましたが、まったく同じ内容は処方したことがないかもしれません。

最後にステロイドなどの外用薬と漢方薬の併用について

当院ではステロイド剤やその他外用薬等の処方は行っていません。副作用もあり、できれば使用せず治療できるほうが良いですし、いろいろなお考えの患者様がおられますが、状況によっては併用も提案させていただいております。例えば、当院受診以前からステロイド剤の投薬で症状のコントロールをされていた場合は、漢方薬による体質改善の程度に合わせて、日々の苦痛の程度と相談しながらステロイドをすぐには中断せず徐々に減量していくという使い方なら、むしろメリットのほうが勝ることもあると思います。もちろん、外用薬が効くと「本来」の皮膚の状態ではなくなりますから、診察に必要な情報が少なくなるというマイナス面もありますが、日常生活に差し支えない程度までだけの最小限度の用量で外用薬を使うことができれば、その用量や使用頻度から体調変化の様子が推測できますので、併用する場合は容量等を記録していただくようにしています。